天之圣杯汉化组入组测试

注:本组钦定外文名为“Xenoblade Chronicles 2 Localization Group”,网址中的“Skygrail”仅为方便记忆,并不是正式名称。





・测试规则:
可自由使用辞典、搜索引擎等工具。
须由受试者本人独立完成。
语境请根据文面揣测,言之成理即可。
请将译文填在“#”后面的预留区域(人名会自动填入,请你也翻译成汉语)。

・评价基准
以正确以及行文流畅为大前提。应尽可能使译文符合原文语境及意境,不拘泥于原文的结构(但不能缩减或添加行数),注意标点符号的正确使用。

考官办公室

已用时间:00:00:00

第1题
ラナ:「わたしは今お仕事中で、迷いネコのミーちゃんを探しているの!」
#

塊斗:「ああ、ラナは私立探偵ですもんね」
#

ラナ:「ところで塊斗、どこかで白のスコティッシュフォールドを見なかった?」
#

塊斗:「すみません、ネコの種類で言われてもわからないです」
#

ラナ:「とっても弱そうで、野生に放ったら二秒で息絶えそうな感じの見た目だよ」
#

塊斗:「どんな見た目ですか……」
#

第2题
サトリ:「いきなり重い話をしてしまってすまなかった。 話を変えよう。夜空を見上げていたみたいだけど星が好きなのかな?」
#

柚月:「うん。好き」
#

サトリ:「どんな所が?」
#

柚月:「ん~……。なんか心が落ち着くやん。 どっか別の星に行ってみたいな~、とか考えてたら、心に余裕が生まれる気がするの」
#

サトリ:「なるほどね。 少しの現実逃避は生きて行く上で大切だよ。 現実は面白いことが多すぎる」
#

柚月:「あはははっ。……面白いことが多すぎるんだ。 普通はつらいことが多すぎるっていいそうやけど……」
#

サトリ:「私はサディストであり、マゾヒストでもあるからね。 つらいのもそれなりに楽しいんだ。 今日も別の星に行きたいと思っていたのかな?」
#

柚月:「似たような感じやけど、もう少し現実的なことかな。 少し疑問があって、それを考えただけなの」
#

サトリ:「疑問? よかったら話してくれないかな。 柚月さんもそうだろうけど、私も星には興味があってね」
#

柚月:「えっと、あの……。本当にくだらない疑問なの。 なんでそんなこともわかんないんや、ってレベルだと思う」
#

サトリ:「聞くのは一時の恥、聞かぬは一生の恥という言葉があるよ」
#

第3题
『未来の国』。そこは、これから生まれてくる子どもたちの国なんです。
時間としての未来ではなく、限りない”未来”のこと——まだ何者でもない、これからの”可能性”だけを持つ子どもの国なんです。
そこには海があって、この世界へ生まれてくる子どもたちは船でやってくるんです。そして、船に乗る前に、子どもたちは必ず贈り物を持たされます。
それは、この世界に対しての贈り物です。新しい薬を生み出して人を助けたり、誰かに物事を教える才能だったり、母親を愛する気持ちだったり。
大きかったり小さかったり、形のあるものやないものだったりもしますが——
生まれてくる意味のあること。生まれてくる価値のあること。
誰もが、必ずそれを持たされて旅をして、この世界へ生まれてくるんです。生まれるときに忘れるだけで、君にも必ずこの世界にいることの真実があるのだと、書かれているんです。

#
#
#
#
#
#
#

第4题
それは少し不思議な感覚だった。挨拶のとき、視線を交わした瞬間から、この人となら、仲よくやっていける……そんな予感があった。
後になってそんな話を振ってみると、実は彼女も同じように感じたという。
私たちは、他人の空似というやつで、顔立ちが少し似ていた。それも関係していたのかもしれないけれど、もちろんそんなことは大したことではなかった。
魂が響き合う……というか。それはちょっとマンガみたいな大げさな表現だけど……。
運命を感じた。
運命――。
その言葉には甘美な響きがあると思う。生きているうちに、この人が運命の相手と……とにかくそんな風に思える人と、出会える人が、いったいどれくらいいるんだろう……?
私はそんな運命の相手と出会った……気がした。
残念なことには、同性だったけど。でも別に、恋人じゃなくても、親友だって、人はなかなか得られないに違いない……。

#
#
#
#
#
#
#
#
#


交卷前请注意截图备份自己的答案,以备不时之需!


考官办公室
Linux ver.
试题命题:出水悠莉    系统开发:[email protected]狗头处刑人